参加者の声を公開します!

公開講座、企業研修への参加者からの生の声をお届けします。
<< 「参加者の声」欄をはじめるに当たって! | main | 戦略的メンタリングモデル活用講座 >>
パフォーマンス測定基礎講座
0
    【講座への主な反応】
     本講座も早くも2年目になります。教育効果や研修効果を測定したいと言う期待に答えるため企画したユニークな講座です。研修担当の方、コンサル会社の新鋭コンサルタントの多くが参加されました。本講座では、日本で実施の研修効果測定の実践的事例をそのまま使用しておりますので、親しみ易く、現実性があると好評です。日本経営品質学会で発表予定の「育成の見える化」手法も取入れ、一層分かり易く、実用的になりました。他では見られないFEA(Front End Analysis)やPFI(Potential for Improvement)等の予測分析の事例も増えていますので、これも期待出来ます。
     マネジャー評価には、「活用力」と「育成力」を見る必要がありますが、この「見える化」のヒントも提供します。これは、本当に役立ちます!

    【参加者からの生の声】
    シンクタンクF社コンサルタント:費用対効果ROI(Return On Investment)の算出、FEAやPFIの事例は、大変分かり易く、直ぐにでも使ってみたいと思っています。
    教育S社オーナー:アンケートの事例が非常に参考になりました。
    サービスI社:費用対効果ROIの考え方が良くわかりました。
    ソフトA社マネジャー:教育に対する投資効果を再認識しました。
    電力K社:パフォーマンス測定事例が参考になった。
    保険S社マネジャー:効果測定の具体的な手法が参考になった。
    病院看護部マネジャー:ぼんやりと考えていることが、明確に論理づけられました。
    コンサルO社社長:パフォーマンス測定の考え方とそのやり方を理解出来た。
    鉄鋼N社研修マネジャー:仕事の成果を測定することの重要性を感じた。
    電機H社教育担当:段階により、評価内容を変えなければならないと言う点が参考になった。事例が多いので、参考になった。
    トレーナー/コーディネータ:ROIの活用の仕方。既にコーチング研修の効果測定を経験したが、今回の事例の方が、明確で分かり易かった。
    OA系X社教育担当:各レベルで必要な項目とデータの収集法が整理できた。
    メーカーD社マネジャー:ROIの算出方法の考え方とレベル1−5の評価マップが理解できた。
    コンサルA社:研修或いはコンサルの開始前にそのパフォーマンス目標の設定が必要であることの再確認が出来た。
    流通R社人事:FEA,PFIの考え方が役にたった。

    パフォーマンス測定基礎講座パンフは、こちらから

    講座日程は、こちらからご覧になれます。
    | hiroishikawa2 | 一般公開講座参加者の声 | 19:00 | - | - | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + RECOMMEND
    図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門 (実務入門シリーズ)
    図解実務入門 よくわかるビジネス・コーチング入門 (実務入門シリーズ) (JUGEMレビュー »)
    本田 勝嗣,石川 洋
    本書は、石川代表が90%以上執筆した本です。
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE